インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特性であるといえます。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士という医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大聴くなる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療にくらべて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用は結構の額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので結構治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選択する事がインプラント治療の結果を左右するのです。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはお薦めしたい治療法です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、たとえば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方に相応しい治療です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest