肌のたるみの原因は、大きく分けて3つあります。
・肌の弾力
・皮下脂肪
・筋肉
まず、肌の弾力ですが、肌はコラーゲンやエラスチンによって、弾力が保たれています。
しかし、年をとるとコラーゲンが減少していき、ハリがなくなっていくということは、みなさんもご存知でしょう。
実は、エラスチンもコラーゲン同様に、年をとるごとに減少していきます。
エラスチンも肌に弾力を与える働きをしているため、コラーゲンとエラスチンの減少により、肌がたるんでしまうのです。
また、皮下脂肪は年をとることで代謝が低下し、肥大化してしまいます。
この肥大化した皮下脂肪が下へとどんどん落ちていくため、肌がたるんでしまうわけです。
そして、筋肉も年をとるにつれて衰えていくものですが、それに伴って顔の筋肉も衰えます。
筋肉が衰えると、筋肉の上にある皮膚や皮下脂肪を支えられなくなってしまうため、肌がたるんでしまうでしょう。
つまり、加齢により肌がたるんでしまうのは、仕方がないことだといえます。
でも、日頃からマッサージをしたり、顔の筋肉を鍛えたり、コラーゲンなどを補うことで、肌のたるみを予防することができます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest