ヒアルロン酸とコラーゲンは、違うものなのでしょうか?
よく混同されてしまいがちですが、ヒアルロン酸とコラーゲンは全く違う成分です。
ヒアルロン酸とコラーゲンといえば、「美肌成分」として有名ですよね。
最近の化粧品には、必ずといっていいほど含まれている成分だと思います。
一緒に配合されていることが多いため、名前は違っても同じような働きをする美容成分だと思われている方も少なくありません。
でも、実は、その働きも全く違うものなのです。
コラーゲンはタンパク質の一種で、真皮の成分のほとんどはコラーゲンと水分でできています。
つまり、コラーゲンは真皮を構成している成分の一つです。
そして、コラーゲンには保湿力というものがありません。
さて、それに対してヒアルロン酸は、大変保湿力が高いことで知られている成分ですよね。
ヒアルロン酸は「多糖類」の一種で、タンパク質と結合しやすい性質を持っています。
そのため、ヒアルロン酸はタンパク質であるコラーゲンと結びつきやすく、しかも保湿力があるのです。
コラーゲンを摂取することで肌の新陳代謝を助け、新しくできる真皮の成分を補うことができます。
さらに、ヒアルロン酸を摂取すれば、保湿力まで得ることができるというわけです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest