ワキ汗が多い原因には、どんなことがあるのでしょうか?
ワキ汗を多くかく原因は色々ありますが、代表的な原因は以下の3つです。
・温熱性発汗
・味覚性発汗
・精神性発汗
まず、温熱性発汗は、暑い時や運動をして、体温が高くなった時に出る汗を言います。
また、辛みが強い物などを食べた時に、体が熱くなって汗をかきますが、食べ物による発汗を味覚性発汗と呼んでいます。
そして、精神性発汗は、ストレスや不安などによる発汗です。
この精神性発汗は、交感神経の活性化により起こります。
緊張や不安、ストレスやプレッシャーなどが原因となって、交感神経が亢進されてしまい、エクリン腺から大量の汗が出てしまうのです。
つまり、汗をかくことに対する不安や恐怖が大きいと、ますます汗が分泌してしまうことになります。
あまり気にせずに、気楽に考えた方が、精神的にも良いですし、汗も抑えられるでしょう。
他にも、ワキ汗をかきやすい体質の遺伝や病気、ホルモンバランスの崩れ、更年期などでもワキ汗が多くなると考えられています。
それに、肥満もワキ汗が多い原因の一つです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest