筋肉を鍛えると、ワキ汗を抑えられるのでしょうか?
ワキ汗が出る原因の一つに、交感神経の亢進ということが挙げられます。
つまり、交感神経の反応を抑えるようにすれば、ワキ汗を減少させられることもあるのです。
交感神経の反応を抑えるためには、副交感神経の反応を促進させるのが効果的です。
そして、筋肉を鍛えることは、副交感神経の反応を促進させることにつながります。
したがって、筋肉を鍛えるのは、ワキ汗を抑えるのにとても良いと言えるでしょう。
筋肉の中でも特に、インナーマッスルを鍛えられるように、背筋などの部位の筋肉を鍛える体幹トレーニングをするのがオススメです。
体幹の筋肉が鍛えられていると、副交感神経の働きが高まり、ワキ汗の原因になる交感神経の過剰な反応が抑えられるので、ワキ汗を減少させることができます。
ワキ汗を減少させるのが目的の場合には、一般的な筋トレをするよりも、体幹トレーニングを中心に行うようにすると、効果がより一層高まるはずです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest