ヒアルロン酸注射の豊胸手術って、大丈夫なんでしょうか?
ヒアルロン酸注入による豊胸術は、様々な美容整形手術の中でも安全性が高い方法だと言えるでしょう。
また、他の豊胸手術方法と比較しても、安全性が高い方法です。
例えば、シリコンパック挿入法では、切開手術によってシリコンパックをバストに挿入します。
体にメスを入れるわけですし、体に異物を入れるという点からも、抵抗を感じる方が少なくありません。
でも、ヒアルロン酸注入の場合は、脂肪注入と同様に、注射で小さな穴を開けて注入するため、安全性が高いだけでなく体の負担も小さくて済みます。
手術時間が短時間ですみ、傷跡の心配がないのも嬉しいですね。
また、ヒアルロン酸注入を行って豊胸しても、授乳には問題はありませんから、未婚の方でも安心して行うことができます。
ただし、バストに注入したヒアルロン酸は、少しずつ身体に吸収されて、いずれなくなってしまいます。
ですから、ずっと豊胸効果があるわけではなく、おおよそ2年程度で効果が果がなくなってしまうと言われているのです。
比較的安価で、安全に受けられる豊胸術ではありますが、バストアップした状態を維持するためには定期的に行う必要があります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest