逆立ちが肌のたるみに効くって本当かというと、本当なんです。
年を取ると出てくる肌の悩みの一つが、肌のたるみ。
「重力には勝てないわ~!」なんていっている人もいますよね。
重力に勝てないのであれば、逆立ちをして、重力で持ち上げたらいいと思ったことはありませんか?
実は、その逆立ちで、肌のたるみを改善することができるのです。
ただ、重力によって持ち上げるわけではありません。
逆立ちをすることで、顔の表情筋などの筋肉が、間逆に動き始めるのです。
普段あまり使わない顔の筋肉も、逆立ちすることで動き始めます。
そうすることで、血行がよくなるため、たるみを改善することができるでしょう。
どのくらい逆立ちをすればいいのかというと、1日30秒くらいで大丈夫です。
あまり長くしすぎると、頭に血が上ってしまい、クラクラして危険です。
また、逆立ちができない人は、無理にしないでください。
できないのに無理に逆立ちをして、怪我をしてしまってはいけません。
また、逆立ちができる人であっても、怪我をしないよう、気をつけて行うようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest