運動をすれば、肌のたるみを改善することができます。
肌のたるみと運動って、関係がなさそうに思いますが、実は大いに関係しているのです!
運動することで血行がよくなり、成長ホルモンの分泌を促進させることができます。
肌のたるみを改善するには、この血行の改善と成長ホルモンが重要なのです。
血行がよくなると、全身に栄養が行き渡り、新しい肌細胞が作られやすくなります。
それに、成長ホルモンの分泌が促進されると、肌の老化を抑えることができます。
そのため、肌のたるみが改善されるわけです。
では、どんな運動がオススメかというと有酸素運動です。
具体的には、ウォーキングやジョギング、ストレッチなどを30分から1時間ほどするといいでしょう。
忙しくて毎日できないのであれば、週に何回かでもかまいません。
運動といえば、筋トレなどの無酸素運動を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、無酸素運動は老化の原因となる活性酸素を多く発生させてしまいます。
ですので、肌のたるみを改善したいのであれば、無酸素運動ではなく、有酸素運動をしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest