赤ら顔を治したい場合、漢方に頼ってみるのも良いかもしれません。

あまりイメージできないかもしれませんが、漢方を使用することによって赤ら顔を改善できます。

では、どうして漢方が赤ら顔に効果を発揮するのでしょうか?

それは、漢方によって、精神状態を落ち着かせたり、血液の流れを促進させることができるからです。

緊張すると顔が赤くなる人や興奮すると真っ赤になってしまう人は、精神状態が大きく関係しています。

そのため、心を落ち着かせることで改善できるでしょう。

この場合、興奮状態を抑える効果がある知柏地黄丸、天王補心丹、滋陰降火湯といった漢方がおすすめです。

また、血液の流れが悪いと肌トラブルを起こしやすいので、赤ら顔になりやすいといわれています。

肌トラブルを改善するためにも、血液の流れをスムーズにする必要があります。

この時におすすめの漢方は、桂枝茯苓丸、温経湯、桃核承気湯などです。

そして、皮脂の過剰分泌で赤ら顔を起こしている場合には、皮脂分泌を抑制する半夏瀉心湯という漢方が良いでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest